月別アーカイブ: 2019年4月

ドル円 – ちょっと上げてきた【ほぼリアルタイム生実況ライブ】

う〜ん、様子を見ます(4/29 午前中コメント)

こんにちは。

Shigeです。

今日は平成最後ですね。

さて、昨日のドル円のほぼリアルタイム生実況ライブです。

https://twitter.com/kodama_asia/status/1123027777261789185

【ドル円 – ほぼリアルタイム生実況ライブ】

ちょっと上げてきた

う〜ん、ちょっと何ともわかりかねる局面です。

様子を見たいです。

平成の最終局面、一体どうなる?

スポンサードリンク

ドル円 – ちょっと上げてきた【ほぼリアルタイム生実況ライブ】

【ほぼリアルタイム生実況ライブ】

この局面、ポイントは3つあると思います。

1、やっぱり珍しい相場

2、何かトレンドの転換点、何かしらの予兆をあらわしてる?

3、直近安値の111.500ラインの局面

1、やっぱり珍しい相場

私はFXを初めて3年になりますが、これぐらい買いと売りの力が拮抗している相場は初めてかもしれません。

横ばいが続いて上にぬけたかと思ったら戻ってくるし、下に抜けたかと思ったら戻ってきます。

やっぱり何ともわかりかねる

レバレッジをきかすことを考えると、こういう局面は様子をみる局面ですね。

明らかな優位性はありませんので。

2、何かトレンドの転換点、何かしらの予兆をあらわしてる?

珍しいこの動き、やっぱりこれは考慮に入ります。

今年の初め、大きく下げてから上げのトレンドが続いていましたが、ここにきてこのような動きです。

何かの転換点、予兆かもしれません。

とにかく冷静に局面を見極める

やっぱり見極めるために様子見ですね。

ゴールデンウィークを満喫だぁ。

3、直近安値の111.500ラインの局面

この記事を書いている時点では直近安値の111.500ラインまで下げてきています。

ここは注目の局面です。

この直近安値ラインを抜けるか?

この直近安値ラインを抜けたらレバレッジをきかしてのトレードを考慮します。

それまではこたつでみかんだぁ(それは正月だぁ)

まとめ


最近のドル円は買いの力と売りの力が拮抗しています。

このような局面は冷静に様子を見たいですね。

そして、レバレッジをかけてのトレードは直近高値の112.300ラインを上抜けするか、もしくは直近安値の111.500ラインを下抜けするか。

そのどちらかを抜けた場合はレバレッジをかけてトレードすることを考慮します。

ドル円 – ちょっと上げてきた【様子見よう】

う〜ん、様子を見ます(4/29 午前中コメント)

こんにちは。

Shigeです。

今日は平成最後ですね。

さて、昨日のドル円のほぼリアルタイム生実況ライブです。

https://twitter.com/kodama_asia/status/1123027777261789185

【ドル円 – ほぼリアルタイム生実況ライブ】

ちょっと上げてきた

う〜ん、ちょっと何ともわかりかねる局面です。

様子を見たいです。

平成の最終局面、一体どうなる?

スポンサードリンク

ドル円 – ちょっと上げてきた【ほぼリアルタイム生実況ライブ】

【ほぼリアルタイム生実況ライブ】

この局面、ポイントは3つあると思います。

1、やっぱり珍しい相場

2、何かトレンドの転換点、何かしらの予兆をあらわしてる?

3、直近安値の111.500ラインの局面

1、やっぱり珍しい相場

私はFXを初めて3年になりますが、これぐらい買いと売りの力が拮抗している相場は初めてかもしれません。

横ばいが続いて上にぬけたかと思ったら戻ってくるし、下に抜けたかと思ったら戻ってきます。

やっぱり何ともわかりかねる

レバレッジをきかすことを考えると、こういう局面は様子をみる局面ですね。

明らかな優位性はありませんので。

2、何かトレンドの転換点、何かしらの予兆をあらわしてる?

珍しいこの動き、やっぱりこれは考慮に入ります。

今年の初め、大きく下げてから上げのトレンドが続いていましたが、ここにきてこのような動きです。

何かの転換点、予兆かもしれません。

とにかく冷静に局面を見極める

やっぱり見極めるために様子見ですね。

ゴールデンウィークを満喫だぁ。

3、直近安値の111.500ラインの局面

この記事を書いている時点では直近安値の111.500ラインまで下げてきています。

ここは注目の局面です。

この直近安値ラインを抜けるか?

この直近安値ラインを抜けたらレバレッジをきかしてのトレードを考慮します。

それまではこたつでみかんだぁ(それは正月だぁ)

まとめ


最近のドル円は買いの力と売りの力が拮抗しています。

このような局面は冷静に様子を見たいですね。

そして、レバレッジをかけてのトレードは直近高値の112.300ラインを上抜けするか、もしくは直近安値の111.500ラインを下抜けするか。

そのどちらかを抜けた場合はレバレッジをかけてトレードすることを考慮します。

保護中: 今後の展望について(2019年1月〜3月)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: トレードの振り返り(2019年1月〜3月)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

ドル円 – 何だろうなぁ、様子を見ます【ほぼリアルタイム生実況ライブ】

下に抜けたぞぉ、1ポン狙っています(4/26 午前中コメント)

こんにちは。

Shigeです。

今日からゴールデンウィークの人も多いのかな。

さて、昨日のドル円のほぼリアルタイム生実況ライブです。

https://twitter.com/kodama_asia/status/1121807575631028226

【ドル円 – ほぼリアルタイム生実況ライブ】

何だろうなぁ、様子を見ます

私はこの局面、トレードをしました。

111.735のラインを下に抜けてから1波目をねらったのですが、カットとなりました。

これは1ポンをしているのかどうか。

う〜ん、考えさせられます。

少なくとも、半値は下げますね。

ただ、しっかりポンするかは何とも。

スポンサードリンク

ドル円 – 何だろうなぁ、様子を見ます【ほぼリアルタイム生実況ライブ】

【ほぼリアルタイム生実況ライブ】

この局面、ポイントは3つあると思います。

1、転換点の可能性のあるのかなぁ、そのような局面では上いったり下いったり

2、上にひげがのびている

3、やっぱり感情が作用しているかな

1、転換点の可能性のあるのかなぁ、そのような局面では上いったり下いったり

下に抜けたかと思ったら、そちらに優位性が発生するわけではない。

上に抜けたかと思ったら、そちらに優位性が発生するわけではない。

こういう時はなんというか、トレンドの転換点の可能性もあるのかなぁ。

ただ、つまるところレバレッジコントロールのところかな

相場の状況はともかく、また、そのような相場状況ということを把握して、そしてレバレッジコントロールを考慮してトレードすれば何も問題ないように思います。

私は今回のトレード、レバレッジをきかしてやりました。

つまるところ、レバレッジコントロールが甘いからカットになっているようにも思います。

このような拮抗している局面ではレバレッジは抑えてトレードしていれば、あとから振り返ってみれば、特に問題ないというか、そのように思います。

やっぱりレバレッジコントロール、ここなのかもしれません、いやっ、ここなのでしょう

プラスでもマイナスでもいいということ。

売上があって、コストがあって、そして利益がでるということ。

2、上にひげがのびている

日本時間の21:30、アメリカのGDPの発表の影響だと思いますが、上ひげがのびています。

こういうのは余裕をもった資金管理、レバレジコントロールでいかないとカットになっちゃったりすると思います。

そして上ひげのびているが、結局のところ下げている

やっぱりレバレッジコントロールかなぁ

その局面に応じた資金管理、レバレッジコントロールが必要だということです。

今回トレードしたのはかなりレバレッジをきかしていました。

明らかに優位性がある時はそれでいいのかもしれません。

ただ、今の局面は抑えた方がいいように思います。

3、やっぱり感情が作用しているかな

ここかもしれません。

早く資金を大きくしたい。

早く結果を出したい。

そこから感情が作用しているところもあると思います。

とにかく冷静に

どうなっても大丈夫なように戦略を考慮してトレードするということです

例え1波目でも、どのような1波を描くかは何ともわかりかねるところがあるわけです。

それが、その1波目の波を逃したくないから、トレードタイミングがはやくなり、そして利益を大きくしたいから、ロットが増え、というような、トレードに感情が作用しているように思います。

やっぱりここかなぁ。

まとめ


最近のドル円は買いの力と売りの力が拮抗しています。

ちょっと様子を見たいと思います。

しばらく上げのトレンドが続いていたので、買っていく力というのはあると思います。

ただ、その買いの力が徐々に弱まってきて、徐々に売りの力が出てきているようにも見えます。

ゾーンで見ると、上ひげの動きはありましたが、結果的には一番下のゾーンにきています。

結果的にはポンのような動きをしています。

そしてより良くするところ、レバレッジコントロール、そして感情のところ、冷静に、戦略を考慮して、そしてトレードするという事です。

ドル円 – 上に抜けて下に抜けて、何だか面白い動きだぁ【ほぼリアルタイム生実況ライブ】

上に抜けたねぇ、狙っていきます(4/25 午前中コメント)

こんにちは。

Shigeです。

平成もあと少しですね。

さて、昨日のドル円のほぼリアルタイム生実況ライブです。

https://twitter.com/kodama_asia/status/1121445416371806210

【ドル円 – ほぼリアルタイム生実況ライブ】

上に抜けて下に抜けて、何だか面白い動きだぁ

上に抜けましたが、結果的には下に抜けました。

非常に面白い動きですね。

私は上に抜けて、それで上げを狙ったのですが、結果的に下に抜けましたのでカットしております。

最初の抜けた局面は、今回のように戻ってくる可能性もあります。

そのため、もう一つぐらい抜けて、確実にぬけたところ、その局面が優位性があって確度が高いのかもしれません。

このあたりは考えさせられます。

スポンサードリンク

ドル円 – 上に抜けて下に抜けて、何だか面白い動きだぁ【ほぼリアルタイム生実況ライブ】

【ほぼリアルタイム生実況ライブ】

この局面、ポイントは3つあると思います。

1、上に抜けたけれども元のゾーンに戻してきている

2、相場の強弱の見極めにゾーンを考慮する

3、レバレッジコントロール、資金管理について

1、上に抜けたけれども元のゾーンに戻してきている

ということは売りの力があるという考慮が必要であるように思います。

抜けたのでその1波目をねらっていく、これはまだわかる。

今回私はここをねらいました。

ただ、戻ってきてカットの後、もう一回買っちゃっています

カットとなって、そしてカットとなるということは、元のゾーンに戻ってきたラインにカットラインをおいていましたので、それだけ売りの力も考慮に入れる必要があるということで、そのため、そのカットでひとまずそれで終わりでオッケーなのです。

ただ、感情的なところは作用していると思いますが、再び買っているんですね。

下げている時に買ったら、そりゃカットとなる可能性は高いです

少なくとも1回目のトレードで、カットで終わりです。

2、相場の強弱の見極めにゾーンを考慮する

上でも書きましたが、ゾーンを考慮するということです。

上にぬけたけれども、戻してきている。

上にぬけて1ポンの可能性もありますが、売りの力もある。

このような局面では少なくともレバレッジをきかしていく局面ではない

レバレッジコントロール、資金管理についてしっかり考慮する必要があります。

FXを初めて3年がたとうとしていますが、4年目の課題というか、目標というか、それがはっきり見えてきたように思います。

3、レバレッジコントロール、資金管理について

ここだよなぁ。

レバレッジコントロール、資金管理について。

ここが4年目の課題というか、目標というか、そんな気がしています。

そこを学ぶのに、次のことを通して大変学ぶことができると思います。

改めて1万円を10万円にするステップがとても重要

改めてこのステップが大変重要であるように思います。

ここを通してレバレッジコントロール、資金管理を大変学ぶことができると思いますし、ここにFXのほとんどがあるように思います。

これを成し遂げます。

まとめ


最近のドル円は横ばいが続いて、そして下抜けしたかと思ったら戻ってきて、そして上抜けしたかと思ったら戻ってきて、そして今は下抜けしてこれからどうなるか。

これもまためずらしい動きであるように思います。

何かこう、転換の局面を迎えているのかもしれません。

ただ、このような局面でも改めて振り返ると、冷静に相場の状況を見極められていたら大丈夫でした。

冷静に、レバレッジコントロール、資金管理のところだったり、そこをちゃんとやっていれば全然大丈夫な局面でした。

そのため、今回のトレードを通してよりよく、より成長します。