月別アーカイブ: 2019年8月

【戦略を考慮し、そして実行したら、あとはただただ待つということ】

なぜならば、あとは待つ以外にありません。


その戦略を忠実に実行する。

トレードにおいては、ただただ待つということです。


待つ以外にやることはありません。

ただ、この”待つ”、ですが、待つといっても、ただただ待っていたら人なのであれこれ考えてしまうことがあると思います。


プラスの時はまだいいとして、マイナスの時なんか。

その時その時によって、エントリーから決済までは時間は異なります。


しばらく横ばいが続けば、結果がでるまでそれだけ時間はかかりますし。

プラスになったり、マイナスになったりするでしょうし。


そこに一喜一憂してもどうしようもないし。

それについて考えたところで、結局は待つだけです。

よっぽどの重大な何かがない限りは、戦略の中にあるのであれば、途中での戦略変更というのは元も子もないというか。

ただただ、その戦略通りトレードをするということ。

トレードにおいてはただただ待つということです。

【待つということがとても重要だ】

なぜならば、価格が中途半端な時にあれこれしてもどうしようもないからです。


値動きがない時にあれこれしてもどうしようもないからです。


何でもタイミングがあります。


そのタイミングではない時に、あれこれしても状況は良くなりません。


悪くなることがほとんどでしょう。

例えば、これが前回マイナスだったりすると、前回マイナスとなったわけですが。


早くそのマイナス、金額のマイナスもそうだが、そのマイナスという結果から生まれている感情を解消させたいという感情が発生しているように思います。


ただ、そのような待つことが必要な局面で、今動いてもどうしようもないといことがわかっているとちゃんと待つことができます。

焦ったところで状況は良くなりません。


ただただ待っていればいいんです。

意識されているラインを考慮することが重要

https://twitter.com/kodama_asia/status/1163993253009510401

あとからふりかえってみると、動きは早かった。

ただ、早かったけれども、動きの速さの違いだけで、通常と変わらない。

意識されているラインを目安に上がったり、下がったりする。

①でエントリー、これは良かった。

ただ、②を利確ラインにしていたので、様々な角度から考慮すると、意識されている可能性のあるライン、安いところ、1.20800の白ラインが利確の目安だなと。

そして③の時、利確をポンのラインに、上に動かしたのですが、これは安易だったかなと。

前の下値をわったにもかかわらず戻してきていましたので。

買いの力を考慮して、そこで決済するなり。

半値戻し、安値圏で決済するというのが効果的であったように思います。

【カットが100%必要な2つ状況】

https://twitter.com/kodama_asia/status/1163077422327062529

最近なんかすごくわかってきました。

読みどおり動いた時はオッケーだし、そうでない時はカットです。

ただこれだけなんです。

上の二つの状況では何も、ただただ自然にカットすればいいんです。

【カットにこそ、その人の実力があらわれる】

https://twitter.com/kodama_asia/status/1162672004895404032

相場に100パーセントはありません。

読み通り動いたときはいいし。

そうではない時は自然にカットです。


https://twitter.com/kodama_asia/status/1162695674674077696

プラスを一つ一つ。

投資でも何でもそう。


https://twitter.com/kodama_asia/status/1162696323948142592

逆境は最大のチャンスでしかないですね。

改めて思いました。

熱量が必要。

熱量がありゃ突破できる。

Three points for short-term trading [with mid-term and long-term]

Hello.

This is Shige.

Recently, I often traded on a medium-term timeline.

In my case, the mid-term is about 1-5 days (1 week).

Meanwhile, we are trading in the short term recently.

why? 

Why am I trading short-term?

That is, short-term trading is effective when considering the speed of increasing funds.

That’s why I was working, I am working on short-term trading.

This time I would like to raise three points in the short-term trade.

3 points for short-term trading

1. Consider rewards and risks

2. Trade with high accuracy

3. Waiting

Sponsored Link

Three points for short-term trading [with mid-term and long-term] 

1. Consider rewards and risks

2. Trade with high accuracy

3. Waiting

It is with the medium and long term.

There is nothing special to say because it is short term.

I will look at each one.

1. Consider rewards and risks 

It means to consider rewards and risks.

Rewards means how much profit can be made.

Risk means how much loss can be made.

2. Trade with high accuracy 

Trade in a highly accurate aspect.

For example, trading at the first wave.

3. Waiting 

It means to wait until a highly accurate phase comes.

Finally 

If we are looking at a short time frame.

That is why, for example, it is compared to the first wave, mid-term, and long-term.

Since it is a short term, the time from entry to settlement is short.

The price range is also small.

However, encountering such a high-accuracy phase increases the possibility of encountering it.

After all, I think that it is possible to get funds at a highly accurate stage, whether it is short-term, medium-term, or long-term.

Fund and trade in a highly accurate phase.

After all, the result of an investment depends on the size of the funds.

How can we trade with funding in a highly accurate phase?

Can we continue such a trade?

I think this is the essence of thinking about raising funds quickly.

Therefore, the time axis can be short-term, medium-term, or long-term, but the short-term is more likely to encounter such a situation.

How can we get funding in such a situation?

I think that’s important when we think about making small money faster.