この黄色のライン、109.100は目安となっているように考えますね。様々な角度で、様々な時間軸で確認して頂きたいのですが、このラインが目安となって、上げてきたけれどもおさえられて、そしてまた上げてきたけれどもおさえられてと、そしてこの黄色のラインをぬけてきて、上げどまって最初の調整が入ってきてという、昨日ツイートしていたトレードはこの局面で戦略をたて、そして行ったトレードです。おなじラインでおさえられるというのはやはり意識されていないとそのようにはならないと思いますし、それをぬけてきたということはやはり今今は強い可能性が高いというように考えるのが自然ではないでしょうか。

為替ではこういうラインがめちゃめちゃ重要です。私自身、こういうラインが見えるようになって、そしてそれの重要性がわかるようになってから大変実力がのびました。今回のトレードは今今のプライマリーは上げということで、そして自然に安くなったら買っていくと、そして上げればOKだし、区切りの目安は直近高値の109.800を考えていました。そして目安となる黄色のラインをわってきたらカットするという戦略でしたが、良い戦略だと思います。

・USDJPY 1hチャート

このような黄色のラインが為替ではめちゃめちゃ重要です