ドル円ですが、とうとう黄色の線をぬけてきました。本日の4:00ぐらいのFOMCの政策金利発表をきっかけに下にぬけてきました。こういう局面です。方向性に優位性があらわれるのは。確度の高い局面というのは。下にぬけましたので、下の方向に優位性があると私は見ています。そのため私は売りを入れました。

この黄色の線、どこが意識されているラインかが見えてくると、上にぬけます、圧倒的に実力がのびます。どうやったら見えてくるかというと、トレードを研究することです。私はひたすら自分がやったトレードを研究することで、研究し続けることで、その景色が見えるようになりました。そして今も研究すればするほど見える景色は変わっています。私はこのブログにその研究の様子をアウトプットしていますが、このアウトプットするというのが大変重要であるように思います。ひたすら研究することで、より新たな景色が見えてくるようになります。見える景色がどんどん変わります。

ただ、相場に100%はありませんので、読み通り動けばオッケーですが、そうではない時はカットです。

劇的なチャンス局面を迎えています、私はここで売りを入れました