準備をするということ。ある貴重な一言があったとして、それが分かる人と分からない人がいる。分かる人というのは準備ができている人、日頃からそれについて考えている人、切磋琢磨している人。こう、そのように準備ができていないと、いくら貴重な言葉でもそれが貴重だと、本質をついていると、素晴らしいと、それがわからないんだよね。だからこそ、日頃からやっている一つ一つが大事、そして準備ができた時に何かに私たちは出会います。それはひらめきという形で出会うかもしれないし、散歩してたら何気なく目に飛び込んできたものきっかけかもしれないし、ふと本屋に立ち寄った時に運命の本と出会うかもしれないし、誰かと話していたら、その中にある本質、何かに気づいたり思いついたり。何て言うんでしょう。つまりはそもそももう既にあったということなんですね。既にあったんだけれども、準備ができていなかったのでこれまでは気づけなかったと。それが準備ができたら気づけるようになると、だから、準備ができたら、気づけるようになったら、そりゃ、既にそれはあるので、いずれかのタイミングで気づけるということです。

既に目の前にある貴重な一言