カットとなった局面、それはつまり上げているならば売りを入れているという事なんだけれども。そのカットとなった局面は実は究極のチャンス局面かもしれないという事。未来の事は100%わからない。上げるかもしれない。下げるかもしれない。そんな中で例えば売りを入れていました。その時は下げる可能性だって考えられたわけだ。

ただ上げた。上げたためにカットとなった。けれどもそこで終わりじゃないというか。実はそこは確度の高い上げか下げかの答えがでた局面ではないだろうか。そのため、そこでカットとなったあとにすかさず買いを入れるという戦略も考慮できると思う。そしてそれは確度が高いのではないだろうか。

上げているものは上げ続ける可能性が高い。下げているものは下げ続ける可能性が高い。カットとなった。自分の動いてほしい方向とは異なる動きとなった。ただ異なる動き、つまり買いの方向、上げる方向とわかった。そして上げているものは上げ続ける可能性が高い。というそのようなカットとなった局面は確度の高い局面ではないだろうか。ピンチはチャンス。逆境は最大のチャンスのような感じです。そこは狙っていく局面、当初からそこまで考慮した戦略をたてると効果的であるように思う。

逆境は最大のチャンス