今回はこちらの続きのような形となる。リスクもとりすぎていた。資金管理の所だ。ようやくわかってきたように思う。いつでもレバレッジはかけれるわけだ。ただ、自分の資金のことももちろん考える必要があるわけだ。そうなるかもしれないし、そうならないかもしれない。相場に100%はないので、どちらになっても大丈夫なようにしておく必要がある。もちろんトレード自体は確度の高い局面でやっていく必要がある。

それを考えた時、最初の元本があって、最初のうちはリスクはあまりとらないということだ。レバレッジは最初からかけろうと思えばかけれるわけだ。ただ、そうなるかもしれないし、そうならないかもしれない。つまり最初から元本を著しく毀損するようなリスクのとりかたは理にかなっていないということだ。最初はレバレッジはおさえて一歩一歩資産を増やしていって、そしてそのリスクをとっていく時はその増やした資産をリスクにさらすということだ。そうすることでそうなれば資産は増えるし、そうならなくても元本は守られるわけだ。

例えば10万の元本があって、最初はこつこつレバレッジはおさえて11万12万とかってふやしていくわけだ。そして例えば12万になった時に初めてよりリスクをとっていく。レバレッジをきかして増やした2万をリスクにさらしていく。そしてそうなればそれだけ、レバレッジをきかしている分だけ資金は増えるし、そうならなくても10万の元本は保証されるという、そういうことだ。そのような感じだ。

そのため、確度の高い局面でトレードをするというのはもちろんなのですが、資金管理のところもしっかり考慮してトレードを行う必要があるということです。

資金管理