何が資産なのかどうかを考える事、資産ならばもうずっともってていいんじゃないかなという。よりよい資産をどれだけ持つかという事。今、ドルが資産なのか、円が資産なのか。相場というのは生き物とかっていわれますが、これは的を得ていると思います。相場というのはバランスをとろうとするものではなく、上がる時は上がります。下がる時は下がります。これだけ上がったからもうそろそろ調整が入るとか、入る時もあるかもしれませんが、入らない時も全然あって、もうそれはまるで自由意志をもった生き物のようです。

だから上がる時は上がるんだからそれならばずっともっていればいいんじゃないかなという考え。ただ、小さいお金を早く大きくということを考えた時はどこかで区切って短期売買をくりかえしていくということが効果的であるように思いますので、そのあたりのバランスですよね。

最初の考えはどっちかというと長期投資の考え。例えばドル円でドルをもっていたらスワップはつくわけです。下げても建値付近決済になるようにしておけばスワップは毎日つきますから資産は毎日ふえていくわけです。だからそのような、今、何が資産なのか、と考えることは資産を増やしていく上で大変重要であるように思います。

今、何が資産なのか?と考える事の重要性