生活リズムをかえたければ、そこに予定をいれてみる。例えば1時間早くおきるようにしたいと、そうしたいならば例えばいつもは12時から始まるものを11時からスケジューリングする。もしくはそのように想定する。何かしらそうなるように11時に予定を入れてみる。私たちは習慣でできている。だいたい起きる時間も一緒だったり、寝る時間も一緒だったりすると思う。普段からもうちょっと早く起きたいかなぁとは思っていても意識しないとなかなかあれだったりする。

そのため、それを現実化させるためにそこにスケジュールを入れてみる。そうすると明日の11時にあれがあるから、そうしたらこの時間に起きる必要があるなぁと。早起きするからそれだけ早く寝ておきたいということになって、そうすると、前日にこの時間までにこれをしておく必要があってとこう、逆算していって、そうすると前日の密度があがっていく。より効率的に、効果的になる。それまで過ごしていた、その前日の夜の過ごし方、その冗長なところがそぎおとされていく。

冗長な部分がなくなったほうが人生の充実感はより上がるように思う。生活リズムをかえたければ、いつもは入れない所にあえてスケジュールを入れるという対処は非常に効果的であるように思う。冗長な部分を削ぎ落した方が睡眠もよくなるように思う。そして良い睡眠をとったほうが体調は良くなる。体調がよりよい→1日をよりパフォーマンスよくすごすごとができる→よく寝る事ができる→体調がより良い→1日をよりパフォーマンスよくすごすことができる→よく寝る事ができる→体調がよりよい‥、というより良い流れができる。

より良い流れをつくる