こちら”リアリティを持つことの重要性(2019/3/4 編集日記)“で書いていましたが、先日ポンドを買いに行きました。福岡空港の国際線ターミナルまで。100ポンド買いましたが16000円かからないぐらいで買うことができました。円でポンドを買いました。円を売ってポンドを買ったということです。リアル外貨を買うのは慣れてきましたね。これまではドル、ユーロを買ったことがありますが今回は一番スムーズに買うことができました。

ポンドを実際に手にとっての感想、なんかポンドは綺麗でした。スケルトンになっているんです。そしてこれはいつも思うことなのですが、これがお金なんだなと。お金って何だろうなということです。何が資産なのかということを考えることは重要ですね。

また外貨両替のスプレッドはFX会社が提示しているスプレッドに比べるとめちゃめちゃあるんですが、ポン円は特にありましたね。25円ぐらいあったと思います。そのため、ポンドを買いましたと、そしてその時にポンドを売ってしまえば100ポンドならば2500円ほどのマイナスとなります。それが外貨両替というビジネスというものですね。

ドル、ユーロに続き、ポンドを買ったことは非常に効果的であったように思います。何かもう、これは私が新しい通貨に手を出す時のもう、儀式的な感じになってきました。

リアルポンドを買いました