こんにちは。

Shigeです。

そういえば、まだ平成なんですね。

さて、先日、このようなツイートをしました。

オンライン英会話を3か月続けて実感したこと3つ【正直に話します】

1、1か月目は相当変わる
2、先生によって英語の捉え方がかわってくる
3、1年ぐらいやると日常会話はできるのではないか

気づけばオンライン英会話を始めて3か月がたっていました。そのことについて後日、ブログで書きたいと思います

気づけばオンライン英会話を始めて3か月がたっていました。

本日の記事はオンライン英会話を始めて3か月の、私の経験を赤裸々にお話しつつ、その経験からの学びを記事にしていきます。

英会話って楽しい。

スポンサードリンク

英会話

オンライン英会話を3か月続けて実感したこと3つ【正直に話します】

ツイートの3つをそれぞれ見ていきます。

1、1か月目は相当変わる

2、先生によって英語の捉え方がかわってくる

3、1年ぐらいやると日常会話はできるのではないか

1、1か月目は相当変わる

最初の1か月は目から鱗、パラダイムシフトですよ。

何で今までしていなかったんだと。

そんな感じです。

ただ、これまでいろいろやって、それで一歩一歩進んで、それで英会話したいなと、実際に会話したいなと、そこに辿り着いたのかもしれません。

例えば英語に触れ出したのが、私たちの世代だと中学生の頃からという人は多いでしょう。

私も中学生からだったのですが、その時は好きというのはなかったですからね。

だからその頃に自ら英会話のレッスンを受けるというのはないわけです。

興味を持ち始めたのが30歳ぐらいの頃から、そして一歩一歩進んで、そしてある程度わかるようになって、そして実際に会話をしたいなと、そのような流れは自然の流れなのかもしれません。

ただ、今、英会話を始めて考えることは、会話をすることでリーディングもライティングもパラダイムシフトがあり、まずは会話が軸にないとなということです。

だから本来、その始める時から会話から入るのが本来あるべき姿であるように思います。

会話から入っていれば、多くの人は英語に対して、また違う認識になっていたのではないかと思います。

そもそもを考えてみましょう。

英語ってコミュニケーションツールです。

そのため会話してコミュニケーションをしないとです。

実際に会話をしないとしゃべれるようになるわけありません。

できる限り早く会話をしたほうがいいですね。

2、先生によって英語の捉え方がかわってくる

これは何でもそうなのかもしれません。

出会う人によって私たちはいろいろとやはり影響は受けるものだと思います。

英会話の講師とはいっても、いろんな人がいるわけです。

講師とはいっても人ですからね。

いろんな人がいますし、その教える技術だって高い人からそうでない人、様々なわけです。

相性とかもあるでしょう。

その良い講師に出会うかどうかで英語が楽しいなと思えるか、それともなんかちょっとと思うか、やっぱり変わってくる。

だから、このオンライン英会話の良い所は多くの講師から選べるという事だと思います。

本当にめちゃめちゃ多くの講師がいます。

もしかしたらこれが最大のメリットかもしれません。

例えば、実際的に英会話教室みたいなところにいったら、ある程度講師の数というのは限られていると思います。

そしてそんなに毎回違う人違う人というようにもできないんじゃないかな。

そしてその足を運んだ英会話教室の講師が教えるのがうまく、相性があえばいいですが、そうでなかったら英語が嫌いになってしまうかもしれません。

その点、オンライン英会話は本当にたくさんの講師がいますので、あう人だけからレッスンを受ければいいわけです。

あわない人、嫌な人はもうそれっきりにして、別の講師のレッスンを受けることができますので、その相性があわず、それで英語が嫌いになっちゃうリスクを回避できると思います。

本当に教えるのがうまい人はうまい、本当に英語というものをわかっているなという感じです。

そしてそのような講師とのレッスンは何よりも楽しいです。

そのような人のレッスンばかりをうけるもよし、いろんな人と話したいという事でいろんな講師のレッスンを受けるもよし。

このあたりの自由さ、ここが実はオンライン英会話の最大のメリットかもしれません。

3、1年ぐらいやると日常会話はできるのではないか

これはなんとなくと目安、感覚なのですが、1年ぐらいやると、簡単な日常会話ぐらいはできるようになるのではないかというように感じています。

簡単な会話って文字で書いてあれば、それは読んだらわかるわけです。

ただ、それと、会話の中で、とっさにそれが出てくると、それとはまた異なってくるわけです。

わかっているフレーズでも、一回も会話の中で使ったことがなければ、始めて口にする時に、これって本当に言ってみて相手に通じるのであろうかというような思いがよぎったりします。

そのような、わかっているフレーズでも一回使ってみないと、そりゃ通じるんだろうけれども、使ってみる事で、自分の中でこれが本当に言葉として使えるんだという確信めいた認識になるわけです。

そのような感じで一通り、日常会話のフレーズを話したり、そのようなコミュニケーションを学ぶのが1年ぐらいなのかなという、そのように感じています。

まとめ


気づけばオンライン英会話を始めて3か月がたっていました。

最近は何ていうんでしょう。

会話のリズムというか、その例えば相手が話していることがあって、その中の単語が一つ二つ聞きとれると、その、前後の会話だったり、そのようなことからなんとなく他のことが聞きとれなくても、よくわからなくても、何を言わんとしているのかみたいなことがわかって。

だからそれに対して、オッケーとかいうと、なんとなく会話にリズムができて、やっぱり相手だって、話していることが相手に伝わると嬉しいし、安心するんだと思います。

という最近は会話のリズムが生まれきたかなと、そのような感じです。

そんなこんなで、引き続き、オンライン英会話のレッスンは受けていこうと思います。

これまでは講師都合でレッスンがキャンセルされない限りは毎日レッスンは受けていますんでね。

また、何か進展あったらブログで書きたいと思います。

オンライン英会話を3か月続けて実感したこと3つ【正直に話します】