こんにちは。

Shigeです。

朝はやっぱりブラックコーヒーですね。

さて、先日、このようなツイートをしました。

頭の中にあるものを紙に全て書き出すことの有効性【スッキリ明確やる気みなぎる】

1、やることが明確に見える
2、やることが漠然としていることは、より掘り下げて明確にすることができる
3、スッキリする

人ってやることを明確にすることですごく効率的に、効果的に動ける生き物なんじゃないかなぁ

いくつか頭にやりたいこと、やることが思い浮かぶ時は、もやっとしている時は実際に紙に書き出してみる事は効果的です。

本日の記事は実際にどのように効果的なのか、私の経験を赤裸々にお話しつつ、その経験からの学びを記事にしていきます。

やるとスッキリやる気がみなぎります。

頭の中にあるものを紙に全て書き出すことの有効性【スッキリ明確やる気みなぎる】

ツイートの3つをそれぞれ見ていきます。

1、やることが明確に見える


2、やることが漠然としていることは、より掘り下げて明確にすることができる


3、スッキリする

1、やることが明確に見える

頭の中にある状態より、紙に書いて、実際的に目に見える形にして、そちらのほうがよりやる気が出てきます。

なんでしょうね。

人は頭の中にある状態よりも、実際的にこう、現実世界で形になったほうが、より、そのことに対して親近感がわく、責任感がわくのかもしれません。

こう、明確にするというのが非常に重要なんですよね。

なかなかこう、頭の中にある状態だと、明確に、例えば100あるとしたら、それが明確に紙にかいたように100、頭の中でイメージできるというのは難しいと思います。

そのため、紙にかくと数に関係なく明確になりますし、それらを見て考慮する事ができますし、とても効果的です。

2、やることが漠然としていることは、より掘り下げて明確にすることができる

頭の中にあることって、やることが明確になっていること、また、やることが明確になっていないこと、あると思います。

むしろやることが具体的に明確になっていることは人っていうのはやっているのではないでしょうか。

やっていないということはこう、頭の中にはあるんだけれども、具体的に、その、行動レベルまで深く考慮されていないケースが、掘り下げられていないケースが多いのではないでしょうか。

そのため、紙に書いて、それらを見ることで、どれが明確に考えられていて、そしてどれがそうでないのかがわかると思います。

そしてその明確になっていないものはそこから、それじゃそれを達成するためには具体的に何をするのかという、掘り下げる事ができます。

掘り下げる事が容易です。

考えやすいです。

3、スッキリする

頭の中にあるものを出すこと、そして明確なものと、明確でないものがわかること、明確でないものを明確にしていくこと、そうすることで頭がとてもすっきりします。

明確なものでもはっきり形にされていると、わかりやすいですよね。

また明確でないものは、こう、書き出していないと、なんとなく頭の中にある状態、というのがはっきりさせないと続くのではないでしょうか。

何となく頭の中にある状態というのは、こう、頭にはあるけれどもこれを実際的にやるのかどうか、ただ、その時はその思考に対して決めるのではなく、なんとなくやり過ごして、そしてまたある時にその考えが頭をよぎる。

それを実際的にやるのかやらないのか、迷っているような感じだと思うんです。

その迷っている感じというのが頭の中にあると頭の中がもやっとするのではないかと思います。

それをそのままにしておくともやっとした感じになるように思います。

そのため、それを、紙に書き出して、それをやるのかやらないのか、やるならば具体的な行動レベルまで掘り下げて考えて、そして明確にしていくと、やることを明確にしていくと、そうすることですごくやる気がみなぎってきますし、すっきりします。

まとめ


人ってやることを明確にすることですごく効率的に、効果的に動ける生き物なんじゃないかと思います。

こう、これは人の脳の仕組み、特徴なのかもしれません。

やることを明確にして一点集中でやること、これが最も効率的で効果的。

これは自然界の仕組みなのかもしれません。

投資も一緒です。

分散ではなく、狙いを定めて一点集中。

これがもっとも効率的で効果的です。

これはやはり自然界の仕組みなのかもしれません。

頭の中にあるものを紙に全て書き出すことの有効性【スッキリ明確やる気みなぎる】