ぬけ方と、わり方と【ドル円1/27~31の動き1】

こんにちは。

しげです。

今回は、1月27日~31日のドル円、

前半は穏やか、

そして後半は動きがありました。

キーとなったポイントはどこだったでしょう。

私が考えるそのポイントを具体的にお話させていただこうと思います。

この記事を書いている私はFX歴が3年半ほど。

これまで千以上のトレードをしてきました。

そしてここ2週間のドル円の相場では資金のおよそ10パーセントのプラスを出すことができています。

という私が考えるキーとなったポイント。

それでは見ていきましょう。

 目次

1、わりかた

2、わったところ

3、そこから急騰

4、そして急落

まとめ:優位性のある局面は2つあった

1、わりかた

1/28の午前中あたりの局面

この時点で何を考えていたか?

注目していたのはわりかた

①のわりかたがわりとある

そのため、いつというのは何ともわかりかねるところはあるのだけれども

少なくとも、直近の安値ラインまでは下げてくる可能性、今回のような感じでわってくる可能性、その優位性はあると考えていました。

そこで売りどころをさぐっていました。

この、例えば上げている時の”ぬけ方”

そして今回のように下げている時の”わり方”

これは私が注目している相場の動きの一つです。

ぬけ方が大きい時は強い可能性を、

わり方が大きい時は弱い可能性を考慮します。

(続く)